Home ヘアケア, 髪質改善

ヘアケア, 髪質改善

髪質改善にはヘアケアが重要!髪を傷める5つのタイミング

「髪をキレイにする上で欠かせないのは、まずは自宅でのヘアケアを見直すこと」

 

これは間違いのない事実!

 

 

検索で「髪に良いシャンプー」なんて調べると、山ほどの情報が出てきます。

が、残念ながら、実際のケアの方法となると、それほど多くの情報がありません。

 

 

たとえどんなに優れたシャンプーを使用していても

普段の使用方法次第では、髪のダメージは悪化してしまうものです。

 

 

美容室でのトリートメントを一生懸命行ったり、良いシャンプーを探すよりは、

まずは自宅でのヘアケアを見直す事が、美髪への最短ルートなんです。

 

今回は、自宅のヘアケアで重要な4つのタイミングと、正しいケア方法をおつたえします!

洗うタイミング

 

ダメージの原因となるコト 「摩擦」

 

髪は乾いているときより、濡れているときの方が敏感になっています。

なので洗いかたも重要になります。

 

 

正しい洗髪方法

シャンプー剤は優しく泡立て、毛流れに沿って髪に指を通すように洗いましょう。

毛流れに逆らうのはキューティクルを傷めます。

 

 

「ゴシゴシ洗わないと洗った気がしない、、、」

そう言った事も良く耳にしますが、例えば、洗顔はどうでしょう?

地肌をこすったりはしないですよね?

 

髪も顔も、摩擦によって汚れが取れるわけではなく、泡の力で汚れを落とすのです。

 

 

また、ロングの方で、髪の中間や毛先を両手の平でクルクルなじませながら洗うという方が

たまにいらっしゃいますが、これは絶対にNG。

 

摩擦によって、髪のキューティクルがどんどんはがれていってしまう可能性があります。

 

 

タオルドライのタイミング

 

ダメージの原因となるコト 「摩擦」

 

髪は水分を含むと、キューティクルが開きもろくなります。

そんな状態の髪に強い刺激を与えると、当然髪は傷みやすくなります。

 

 

シャンプー後、髪の水分をふき取るときに、タオルでゴシゴシ、、、

これも痛みの大きな要因となります。

優しく抑えるように、水分を取るよう心がけてくださいね。

 

 

髪(キューティクル)は、縦の摩擦にはめっぽう弱いですが

横の圧迫の力には、割と強くできています。

 

 

なので、タオルでギューっと抑えるくらいの力はそれなりに堪えられますので

大丈夫です!

 

乾かすタイミング

 

ダメージの原因となるコト 「摩擦」「熱」

 

髪は濡れているときは60度、乾いた状態の時には130度で傷み始めます。

そして、一般的なドライヤーは、吹き出し口で120度と言われています(業務用500W)

 

ちなみに、うちではこちらの復元ドライヤーを使用しています

ですので、通常のドライヤーを使用する場合は、髪とドライヤーを

できるだけ離して使用するのがお勧めです。

20センチほどの距離が安心ですね。

また、同じ所にずっと熱風をあてるのもNGですので注意してください!

 

さらに、これはよく言われることですが、生乾きの状態で寝るのはNG。

髪に不必要な負担がかかってしまうのと、頭皮も雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。

 

「頭皮のにおいがきになる」そんな場合は、早めに乾かすのが良いですよ!

 

 

ケア剤を使うタイミング

 

ダメージの原因となるコト 「キューティクルの剥離」「アルカリ残留」

 

流さないタイプのトリートメントやオイルなどには

コーティング剤が多く含まれているものもあります。

 

 

あまりに強いコーティング剤を使用すると、いつまでも髪に残留してしまい

かえってゴワゴワ、ベタベタになったりしてしまいます

 

 

また、カラーやパーマのアルカリ剤が長く髪に残留してしまい

髪を内部から痛めてしまう原因になりますので

できるだけ持続力の弱い「シャンプーしたら落ちる」程度のケア剤を使用してください。

 

以前に書いた記事 → アウトバストリートメントは本当に必要なのか⁈

外出時のタイミング

 

ダメージの原因となるコト 「摩擦」「紫外線」

 

これからの時期は、海や山、プールと言った外出も多くなるでしょう。

しかし、紫外線の髪への影響も侮れません、、。

 

まずは、ヘアケア用の紫外線防止剤を使用することをお勧めします。

100%の防止はできないですが、何もしないよりは安全ですよ。

また、海やプールの後は、こちらがお勧め

カラーやパーマのあと、また海やプールの後など、アルカリ性に偏った髪を

いち早く客酸性に戻す役割をします!

 

まとめ

 

髪をキレイにする事は、一朝一夕にできることではありません。

特に、くセ毛で傷みやすい、髪が細いなど、難しい状況である方はなおさらです。

 

 

今の髪の悩みを改善するには、小さなことを少しづつ、継続して行う事が重要!

このような小さなことでも、長い目で見たら、驚くほどの違いが出てくるはずです!

 

より多くの方の髪の悩みが改善されることをいおっています!

では

 

 

最新投稿一覧を見る

*メールアドレス

新着記事一覧を見る