Home ヘアケア, 髪質改善

ヘアケア, 髪質改善

デジタルパーマ で 大失敗! 髪質改善のためのと裏技テクニックと 対処法!

 デジタルパーマ や エアウェーブ を使用した、ホット系パーマは、活用できると非常に便利!

 

普段のスタイリングや、雨の日なんかでも割とキレイなスタイリングが保ちやすい!

 

けれど、繰り返しのデジタルパーマや、矯正ストレートとの併用で、髪が大変なことになってしまう事もあります。

 

今回は、 デジタルパーマ のと特徴とともに失敗してしまった時の対処法を考えます!

 

 

 デジタルパーマ が失敗してしまう原因

 

こんなに便利な デジタルパーマ ですが、失敗するととんでもなく大変な事になることもあります。

まずは、そんな失敗をしてしまう原因をいくつかご紹介します。

 

ホームカラーや間違いだらけのホームケアによるダメージ

 

ホームカラーをされる方は基本的にデジタルパーマは諦めた方が無難でしょう!

 

1度くらいは何とかなっても、繰り返すと飛んでもないダメージになってしまいます!

 

後は、良かれと思って、あれやこれやとコーティング剤(シャンプーやトリートメント、流さないトリートメント)を

付けすぎている方も要注意!

 

コーティングには、傷んだ髪をごまかすために、髪にラップを張るようなもの。

 

このラップによって、本来の髪のダメージや残りの髪の体力を、美容師が見誤ってしまう事があります。

 

 

また、このコーティングが強力であると、そのコーティングがあるために

必要以上のパワーの薬剤を使用しなければならない場合もあるんです。

 

今は被膜となっているコーティングを、炭酸水などで除去するサービスもありますので

不安な方は、やっておいて損はないでしょう!

 

 

美容師のミス(毛髪診断、薬剤選定、加温温度や時間など)

 

通常のパーマに比べて、デジタルパーマは理論もちょっとややこしい上に

施術の際に、美容師が注意しなければいけないポイントも結構多いんです。

(毛髪診断、還元具合チェック、薬剤放置時間、流し具合、加温温度の変化、加温時間など)

なれている美容師にとっては、どうってことないのですけどね、、

 

しかも、デジタルパーマは、ほとんどの場合が還元(たんぱく質のつながりを切る事)をしすぎる。

にもかかわらず、マニュアルのみで施術する美容師がいるのも事実、、、。

しっかり、信用のできる美容師さんを探すしかないですけどね、、

 

参考記事はこちら →  美容業界の「インフォームド・コンセント」

 

ベースのカットが軽すぎる

 

デジタルパーマで多いタイプは、髪が多くて、かかりにくい髪質の方。

 

そういった方たちは、得てして髪の量を減らしたがる傾向が強いんです。

 

ある一定量は毛量の調節も良いのですが、毛先だけスカスカにしてしまい、

その上からデジタルパーマなんてかけたら、ほんとにトラブルの元にしかなりません。

 

デジタルパーマをきれいにかけるには、それに見合ったベースのカットも重要なんですよ!

参考記事 → きれいに矯正ストレートをかけたいなら削ぎ過ぎに注意!

 

 

 

デジタルパーマの失敗パターンとその改善テクニック!

 

では、デジタルパーマによくある失敗例とその解決方法を考えていきましょう!

 

 

デジタルパーマがかかっていない、またはかかりが弱い場合の対策

 

まずは、デジタルパーマのかかりが弱いパターン。

これは、担当した美容師さんに行ってかけなおしてもらうのがベスト!

 

短期間に薬剤を2度もつけるのは、若干心配ですが、

普通の美容師であれば、そのあたりの調整はそれほど難しくはないはずです。

連絡さえ先にしておけば、多くの場合はかけなおしてもらえると思います。

 

かといって、絶対に大丈夫という保証もないので、担当する美容師さんには

「できるだけ傷まないように直してほしいんですが、、、」と一言言っておくのが良いでしょう。

 

 

多少語弊があるかもしれません。

「かかっていない」のは、何回かやり直しも聞きますが

「かかりすぎ」は直しが聞かないですからね、、、

 

デジタルパーマのかかりすぎてしまったパターンの対策

 

コチラは逆にかかりすぎてしまったパターン。

 

対策としては3つ

 

1、自分でストレートアイロンやコテで伸ばす

 

この場合の注意点は、必ず髪が乾いた状態で行う事!

また、温度は可能なら130度以下が望ましいです。

 

髪は濡れているときは60度、乾いた時で130度の熱で傷み始めます。

 

一度のダメージはそれほど大きくなくても、繰り返し毎日となると

つもりつもって大ダメージにもなりかねませんので、温度と引っ張り具合には注意してください!

参考記事 → アイロンしてると髪って痛みますか?

 

2、乾かし方を工夫する

 

この方法は、結構難易度が高いですが、場合によっては有効でしょう。

基本的に、乾かすときにねじりながら、さらに引っ張りながら乾かすこと

パーマの仕上がりを弱くすることができます。

 

かかりすぎの場合は、自然乾燥だと、かなりクルクルしてしまうので

髪が乾いてしまう前に、この方法で乾かしてみてください。

 

 

3、ストレートパーマで伸ばす、もしくは大きくかけなおす

 

この方法は、薬剤を髪につけることになりますので、少なからず傷みます。

また、技術的な問題もあるので、担当した美容師さんによって、

でダメージ具合、仕上がり具合は変わってきます。

 

が、その分、上手くいけば、髪のストレスはかなり軽減できるでしょう!

ちなみに、他店でのデジタルパーマの失敗を修正した記事がこちら⇩

 

美容業界の「インフォームド・コンセント」

 

こちらも → 矯正ストレート毛にエアウェーブでゆるふわパーマ!

 

 

デジタルパーマで髪がジリジリするくらいのダメージ

 

最も大変な失敗はこのパターンです。

 

このダメージになると、自宅での対策もかなり大変になってきます。

 

上記の対策で改善できる場合もありますが、やはり信頼できる美容師さんにお願いするのがベストでしょう。

が、基本的には、切るしかありません。

 

この状態の髪にトリートメントなどしても、ほとんど大した効果は望めませんし

下手な事をすると、ダメージはさらに悪化し、良い状態の髪になるまでには

さらに長い期間がかかってしまいます。

 

参考記事 → 髪質改善!ビビリ毛をヘアーホスピで改善している方が2回目のご来店!

 

「ビビリ直し」が上手な美容師さんもいますが、基本的はやらないほうが良い。

なぜなら、ほとんどの場合、ダメージがひどくなって終わってしまうからです。

 

どうしても自分で何とかしたいのであれば、ヘナトリートメントも有効ではあります。

ヘナのトリートメントとしての実力!②

 

ただ、ダメージ毛に対してヘナを行うと「ヘナショック」という

髪がガシガシに絡んでしまう状況も起こりえますので、基本的にはプロに相談するのがベストです。

 

 デジタルパーマ でジリジリした髪を 改善 した結果

 

では、実際にデジタルパーマの失敗からの改善例を見てみましょう!

 

デジタルパーマと矯正ストレートによって髪がジリジリになってしまって、困り果てての初来店でした。

 

それから、半年後の記事がコチラ ↓

「年齢のせいだからしょうがない」なんて、あきらめなくて大丈夫ですよ

そのさらに1か月後に再び一部矯正ストレート+デジタルパーマをかけさせていただきました!

 

その時の写真がコチラ

表面の髪は、さすがにまだダメージは残りますが、軽くブローすれば

これほど気にはなりません。

 

今後、少しづつダメージをごまかしながらカットしていけば、

そのうちに、かなりきれいな髪に変わっていきます。

 

このように、一度デジタルパーマで失敗してしまうと、髪の悩みのストレスは大幅にアップしてしまいます。

予防策は、「信頼できる美容師探し!」

これにつきます!

最新投稿一覧を見る

*メールアドレス

新着記事一覧を見る