Home 矯正ストレート

矯正ストレート

綺麗な髪のその先へ・・・

waka プロデュース 縮毛矯正

 

 

こんにちは。店長wakaです。

 

梅雨時は過ぎてもまだまだ髪のトラブルは多いと思いますので、

 

髪のクセ・うねりにお悩みの方に向けて書かせていただきます。

 

くせ毛・うねり といえばやはり連想するのは、ストレートパーマ 及び 縮毛矯正

・・・

だと思いますが、 心配なのは、その後の髪のダメージだと思います。

 

そして、

 

綺麗に髪が仕上がっても、髪型がダサい・・・

 

ではあまりハッピーにはなれませんよね。

 

と、いうことで、整理しますと

 

髪のクセ・うねり・痛み・パサつき・・・など 髪素材の悩みの解決は

素材美 up

 

 

髪型が決まらない ・ いまいちアカ抜けない・周りの人に褒められない の解決は

 

演出美 up (スタイルイメージ)

 

素材美と演出美の両方を叶える施術をご紹介して行きます。

 

 

befor

 

after

縮毛矯正のビフォーアフターです。

 

なかなか強いくせ毛でカラー等のダメージがかさみ、仕上がり後もややダメージは残りましたがくせ毛の悩みは解消できたかと思います。

 

矯正を綺麗に行うための私のこだわりは、

 

 

 

  1. ダメージに合わせてお薬を塗り分ける
  2. 髪の温度は上げすぎない
  3. 仕上がりスタイルのイメージをしっかりと持つ

 

1・ダメージに合わせてお薬を塗り分ける

というのは、髪の毛も、場所によって全然 髪質も太さや強度なども違います。

もちろん、日焼けの紫外線ダメージもあったり・・と フェイスラインや表面の髪は痛んでいたり細かったり。 同じ薬を全頭に効かせるのはとてもリスクの高いことです。

 

 

白線の境界線で薬の強さを切り替えて施術していきます。

下の方は髪が硬いので強め。上の方は痛みだったり日焼けなどで乾燥ダメージがあるので、下の薬の60%くらいのパワーに切り替え、フェイスラインの髪は細めなので、更に20%くらい減力させて塗ります。

こうすることで、平均的・均一的なお薬の反応を安心して施術できます。

 

 

2、髪の温度は上げすぎない

髪が燃える温度は600℃くらいからですが、

髪に火が通り出すのは60℃からです。

60℃を超えて3秒で  髪は、 タンパク変性 という化学反応を始めます。

形状記憶をしますが、やりすぎると、焼けすぎの玉子焼のように、

硬く、ギラギラした仕上がりになってしまいます。ちょうどいい熱加減で

なるべくしなやかな質感を目指してアイロンしていきます。

 

 

 

仕上がりイメージ

 

風で動きの出るしなやかな仕上がりを目指しました。

 

やはり、デザインも楽しんで頂けて悩みも解消できる、

 

デザイン力と科学力の融合

 

が、私のこだわる美容のテーマです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最新投稿一覧を見る

*メールアドレス

新着記事一覧を見る