Home ヘアケア

ヘアケア

トップの髪のボリュームがなくなってしまう3つの理由と解決策!

The following two tabs change content below.
atushi

atushi

へーメイクジェンテ 代表 特に得意な分野は、「髪をきれいにしたいけれど、何をやってもそれほど効果が出ない」という悩みをお持ちの方に、本当のヘアケアをお伝えする事で、コンプレックスになっている髪を、理想の美髪にするお手伝いをすること。

年齢を重ねると、だんだんと、

頭頂部のボリュームが気になってしまう、、、

つむじが分かれて、白髪が目立ってしまうのが嫌、、、

 

そんな髪の悩みを良くお聞きします。

 

今回は、そんな悩みの原因と対策を書いていこうと思います!

前もって言っておきますが、本当は対処法だけでは、根本的な解決にはなりません。

 

大切なのは、その原因をできるだけ排除しておく事!

そうすることで、ちょっとした工夫で、普段は随分と楽にスタイリングできるようになりますよ!

 

根元の立ち上がりがなくなる3っつの理由!

 

まずは3つの理由から解説していきましょう

1、毛根にある筋力が衰えてきてしまう!

毛穴1本1本には髪の毛を立ち上がらせる立毛筋という筋肉があります。

この筋肉が衰えてきてしまう事で、根本の髪は立ち上がりをなくしてしまいます。

その理由は様々ですが、大きく分けると、体内の血流、老化皮脂による毛穴のつまりなどが考えられます。

 

2、度重なるアルカリカラーが根元の髪や頭皮のハリコシを奪ってしまう!

 

アルカリカラーでの白髪染めを頻繁に行っている方だと、カラー剤のアルカリによって

根元の髪がふやけてしまい、本来のハリコシを失ってしまっている可能性もあります。

 

アルカリカラーは1度行うと、毛髪の30%の強度が失われてしまうといわれています。

元々髪がしっかりしている方なら良いのですが、細めの髪の方だと、一度のカラーでも髪はへたってしまうのです。

 

また、アルカリカラーによる白髪染めの場合、根元までしっかり染める必要があるため、カラー剤を根元から

たっぷり塗布しておくことが基本です。

そして、ヘアカラーは酸化しないと染色が完成されません。

この「酸化」こそが頭皮の老化につながってしまうのです。

 

 

3、シリコンやポリマーなど、髪をコーティングすることで重くなる!

 

美容室で行うシステムトリートメントはほとんどのモノがコーティングによるものです。

目には見えない小さな粒が、髪のキューティクルに付着するので

その分、重みを増してボリュームをなくしてしまうのも、良くあるパターンです。

 

トリートメントで髪が良くなる事は、手触り以外は絶対にないので、一度やめてみるのも方法のひとつかもしれませんね。

トップのボリュームが出しやすいスタイリング方法!

 

美容室での仕上がりと、自宅での仕上がりの一番違うところは、根元の立ち上がりです。

通常、美容師は、根元の立ち上がりを意識して、髪全体をしっかり乾かします。

ですので、それを再現しようとするなら、乾かすときに、大きなブラシで、頭頂部にゆっくりブラッシングしながら、根元をしっかりかわかすと割と簡単にボリュームを出すことができます。

モノによってですが、クルクルドライヤーなどの有効ですね。

 

スタイルの見直しが必要な場合もある

 

髪質は、年齢を重ねると、少なからず変化していきます。

「髪質が変わってきているのに、ヘアースタイルは以前のまま」

というのが、そもそも無理があるのかもしれません。

 

普段のスタイリングがうまくいかなくなったら、現状の髪質に合わせたスタイルチェンジも必要かもしれませんね。

 

これらの事を踏まえて、担当美容師と相談しながら、美容室でのメニューやヘアースタイルを決めていく

それが髪の悩みを解決する一番の方法ですね!

 

ちなみにジェンテでは、上記3つの原因を解決する施術を用意しています。

髪にお困りの方は、いつでもご相談ください!

 

The following two tabs change content below.
atushi

atushi

へーメイクジェンテ 代表 特に得意な分野は、「髪をきれいにしたいけれど、何をやってもそれほど効果が出ない」という悩みをお持ちの方に、本当のヘアケアをお伝えする事で、コンプレックスになっている髪を、理想の美髪にするお手伝いをすること。

最新投稿一覧を見る

*メールアドレス

新着記事一覧を見る
お電話はこちらから