Home アルカリコントロールする事で、髪の負担を最小限にするオリジナル矯正ストレート

アルカリコントロールする事で、髪の負担を最小限にするオリジナル矯正ストレート

矯正ストレートは、美容室に数あるメニューの中でも最もダメージリスクの高いメニューの一つです。

最近では「髪に優しい、、」とか「トリートメント成分で、、、」など、いかにも髪の負担が少ないような広告も目にしますが、実際には繰り返すと、とんでもなく傷んでしまうものも多くあります。

 

髪の負担を少なくするためには、まずは薬剤の中のアルカリをコントロールすることが最も重要になります。

上の表は、美容室のメニューを、酸性~アルカリ性までの一覧で示したモノになりますが、矯正ストレートの薬剤は、強いものだと、この表のブリーチパウダーくらいのパワーを持っています。

 

さらに、このアルカリの力が矯正の薬剤を暴走させ、時間と共にパワーが加速していく特徴があります。

 

また、髪は「キューティクル」と呼ばれるうろこ状のたんぱく質で守られているのですが、この「キューティクル」はアルカリに非常に弱いという特徴があるのです。

 

 

つまり、髪にできるだけ負担をかけないためには「薬剤のアルカリをコントロールする事」がもっとも重要になるのです。

 

ジェンテで使用する矯正剤は、このアルカリを、それぞれの髪の太さ、くせの強さから選定し、コントロールすることで、できるだけダメージを少なくストレートにする事を心がけております。

 

 

 

 

 

クセ毛でお困りの方はぜひ一度ご相談ください → お問い合わせ