Home ドーニ―クリスタル カラーとは?

ドーニ―クリスタル カラーとは?

美容室によって様々な薬剤を使用した「クリスタルカラー」や「グロスカラー」などが存在しますが、ジェンテで使用する「ドーニ―クリスタルカラー」は、ジアミンフリー、アルカリフリー、過酸化水素フリーの薬剤を使用しています。

ドーニークリスタルカラーとは?

簡単に言うと、酸性カラーと100%ヘナのハイブリットカラー

酸性カラーの豊富な色相と、100%ヘナのツヤ感、補修力など、お互いの良い点を合わせたカラー剤です。

 

通常の酸性カラーだと、髪の直接的なダメージは少ないものの、シャンプーした時の色落ち、続けた時のパサつき、肝心の根元が染まらない、、と言ったマイナス要素もあります。

 

また、100%ヘナでは、ツヤが出て、髪のダメージも補修してくれるものの、色がオレンジになってしまう、施術後にシャンプーするとガシガシしてしまう、などのマイナス要素があります。

 

この2つのマイナス要素を排除し、良い点だけが発揮できるように反応をさせることに成功したのが

ドーニ―クリスタルカラー

なのです。

詳しい説明や、科学的な説明、詳しい施術方法などはメーカーから企業秘密という事で、世に広めることを固く禁じられていますので、このブログでは省かせていただきます。

アルカリフリーとは?

カラー剤のアルカリ剤は、髪を明るくするときに使用します。

ですから、この「クリスタルカラー」は単体では明るくすることが出来ず、ファッションカラーとして使用する場合は、先にアルカリ剤で髪を明るくする必要があります。

 

その場合も、ジェンテでは髪のダメージの原因となる成分が残らない特殊な溶剤を使用しますので、通常のカラーに比べると、ダメージを感じることはありません。

 

ジアミンフリーとは?

ジアミンとは、カラー剤に使用される人口色素の一つ。

日本で使用されるカラー剤は、ほぼ100%このジアミンという色素が入っています。

 

このジアミンは、薬剤を混合することで酸化し発色するのですが、アレルゲンとしても知られています。

実際に「ジアミンアレルギー」になってしまうと、アルカリカラーは絶対にNGです。

ジアミンアレルギーの特徴として、呼吸器系に影響するといわれているので、下手すると命を落とす恐れもあるといわれています。

また、頭皮や顔がパンパンに腫れあがってしまう事も良くあるそうです。

 

 

そういったジアミンを使用しないカラー剤なども世に出回っていますが、ジアミンは使用していないが、アルカリを高めることで発色の弱さをフォローしているものもあります。

 

つまり、ジアミンの危険性は少ないモノの、髪は傷みやすい、、という事です。

ジアミンが入っていないものとして良く知られているものは、酸性カラーや100%ヘナなどが一般的です。

どちらもアルカリ剤は試用していないため、明るくすることができないのと、前述したように、それぞれのマイナス要素も存在しています。

 

ドーニークリスタルカラーのトリートメント効果

実際に施術してみると、手触り、ツヤ感、柔らかさ、どれをとってもかなり良い効果を感じられます。

ただ、施術当日としてみると、ちょっと「高価なトリートメント」程度。

ドーニ―クリスタルカラーの良さは、その持ちの良さにあります。

 

髪の内部にとどまるような反応をさせているため、色はもちろん、ツヤ、手触り、柔らかさ、なども、通常のサロントリートメントに比べても、かなり持ちが良いことが体感できます。

 

繰り返す毎に、髪のダメージが補修されていくのも、通常のトリートメントとは違い特徴の一つです。

 

どんな人に向いているの?

●髪が細くなってきてパサついて見える方

●髪がダメージでガシガシだけど、トリートメントをしても効果が感じられない方

●アレルギーや刺激でカラーができない方

●酸性カラーのデメリットが嫌な方

●ヘナはしたいが赤みが嫌な方

●白髪をぼかしたいが、髪を傷めるのは嫌という方

●髪のツヤを出したい方

●長く、持ちが良いトリートメントをしたい方

など