Home 髪質改善

髪質改善

ヘアカラーでの髪の傷みを最小限にする方法!

The following two tabs change content below.
atushi

atushi

へーメイクジェンテ 代表 特に得意な分野は、「髪をきれいにしたいけれど、何をやってもそれほど効果が出ない」という悩みをお持ちの方に、本当のヘアケアをお伝えする事で、コンプレックスになっている髪を、理想の美髪にするお手伝いをすること。

カラーは髪を傷ませる、、。

これは間違いのない事実。

でも、パーマや矯正と同様に、アルカリをうまくコントロールできれば、カラーのダメージも最小限にできるはず!

 

、、、という事で、、

最近は、もっぱらカラー剤の勉強に没頭しています、、。

 

(今回はかなりマニアックな記事になるので、一部難しい部分も出てきますがご了承ください。)

 

カラー剤の仕組み

以前もブログで書いたように、ヘアカラーは脱色と染色を同時に行っているもの。

ヘアカラーの髪のダメージを最小にするのはトリートメントでは難しい!

 

でも色々と調べていると、同じ「カラー剤」でもその特徴は、メーカーによっても様々。

明らかに、髪の負担も大きく、ムラになりやすいけど、色はしっかり出るタイプ。

逆に、髪の負担は少ないけれど、色味は出しにくいタイプなど、、、

 

何が良いとか、悪いとかではなく、まずは使用する薬剤の特徴を把握する、、

そこから、何を選択していくか、、がプロの美容師としての仕事ですね。

 

という事で、最近活躍しているこの機器

薬剤のペーハーを図るための機械です。

 

通常カラー剤はパーマなんかに比べると、ペーハーが高くつくられています。

 

ペーハーが高いだけなら良いのですが、厄介なのは「アルカリ度」というものが高い事。

 

ちょっと難しいですが、この「アルカリ度」が高いと、中和してもなかなか中性に戻らない、、という事。

髪で言うと、通常だとカラー後、1週間ほどで髪は弱酸性に戻るのですが、「アルカリ度」が高い薬剤を使用すると10日以上、下手したら1か月近く、髪がアルカリに偏っている、、という事です。

 

その間、熱をあてたり、濡れたりすることで、髪が傷んでいくのです。

 

カラーを安全な中性に戻してみる!

では、実験してみます。

まずは、2つの違うメーカーのカラー剤を使用し、それぞれのペーハーを測定します。

 

①のカラー剤は

Ph 9.89

②のカラー剤

Ph 9.77

どちらも似たようなペーハーを示しています。

カラー剤としては若干低めですが、測定器の正確性もあるかもしれないですね

(割と安いききですので、、、(笑))

 

その後、酸度のある薬剤を混ぜて、少しだけ酸性に近づけていきます。

その結果

①の薬剤は

②の薬剤は

この時点で、①の薬剤の方が②に比べて、「アルカリ度」が高いと判断できます。

その後、10分放置したあと、さらに酸度のある薬剤で中性まで戻していくと、、、

①の薬剤は

②の薬剤は

という実験結果、、、。

②はほぼ中性まで戻すことができますが、①に関してはほぼ変わらない状態、、。

 

まとめると、

①の薬剤は、アルカリ度が高いため、なかなか中性、弱酸性には戻らない

②の薬剤は、それほどアルカリ度が高くないため、きちんとした処理を行えば、中性までは簡単に戻せる

という事ですね。

 

今回は、中性に戻す薬剤を使用していますが、通常、美容室ではあまりそういったことは行われません。

つまり、何もしなければ、ペーハー9あたりのまま髪は放置されてしまうわけです。

 

色素の絡みもあるので、なんでも弱酸性にすれば良いわけではありませんが、こういった処置を施すことで、少なくとも髪の負担は限りなく小さくすることは可能です。

 

実際に髪の負担を少なくしてカラーしてみた結果、、

 

では、次に、実際にアルカリをコントロールしながらのカラーを見てみましょう!

まずはビフォア

やや大きなクセがあり、傷みやすい髪質。

パーマや矯正の経験はないそうです。

アップにすると

毛先は

断毛もあるのか、途中からモワモワした髪も多くなっています。

そして、しっかりと前処理をおこなった後、カラーを塗布。

 

今回は、赤みが強い髪で、落ち着かせたいとのことだったので、ネオヴィンテージカーキーという色味で

赤みを抑えた濃いめのブラウンに仕上げます。

 

そして、アフターがこちら

アップにすると

 

こんな感じ。

わかりにくいですが、比べてみると、、

さらにアップで見ると、、、

 

毛先に関しては、もう数回カラーを繰り返、髪の中身を詰めながら、どこかのタイミングであれたキューティクルを整えてあげるメニューを行えば、さらにキレイになるでしょう!

 

ちなみに、数日後、この方からコメントをいただきました。

それがこちら

こうして、髪がキレイになって喜んでいただけるのが、一番のやりがいになりますね!

今回施術したカラーはこちら → 髪質改善 ほぼダメージ0でカラーをしながら髪を補修する365プラスとは?

 

お知らせ

只今、メーカー主導ではない、「本当の毛髪科学」を名古屋辺りで一緒に学んでくれる美容師さんも募集しています。

美容師は、髪のプロであるにも関わらず、「知らない」もしくは「知らされていない」事実も沢山あります。

 

 

●お客様の為に、本当に髪に良い事を勉強したい

●お客様の髪をキレイにしたい

●他店との差別化を図りたい

●髪の為に、今できない事ができるようになりたい

 

そんな美容師さんと共に学んでいける環境を作りたいので、興味がある方は是非一度ご連絡ください。

現在あと2~3サロンほどの募集です。

お問い合わせ

The following two tabs change content below.
atushi

atushi

へーメイクジェンテ 代表 特に得意な分野は、「髪をきれいにしたいけれど、何をやってもそれほど効果が出ない」という悩みをお持ちの方に、本当のヘアケアをお伝えする事で、コンプレックスになっている髪を、理想の美髪にするお手伝いをすること。

最新投稿一覧を見る

*メールアドレス

新着記事一覧を見る
お電話はこちらから