Home ヘアースタイル

ヘアースタイル

ヘアカラーの髪のダメージを最小にするのはトリートメントでは難しい!

The following two tabs change content below.
atushi

atushi

へーメイクジェンテ 代表 特に得意な分野は、「髪をきれいにしたいけれど、何をやってもそれほど効果が出ない」という悩みをお持ちの方に、本当のヘアケアをお伝えする事で、コンプレックスになっている髪を、理想の美髪にするお手伝いをすること。

美容室で最も髪に負担のかかるメニューは、縮毛矯正とブリーチ!

 

これは、以前からお伝えしている通りなんですが、

「継続して、頻繁に行う事」も加味すると、アルカリカラーも相当な負担になっているのです。

 

なぜなら、カラーで明るくする場合、必ずアルカリの力が必要になるから、、、。

なんと、カラー1回で毛髪の強度は30%も下がってしまい、その後は繰り返すたびに、

髪は、その3倍ものダメージを受けていくのです。

 

そして、そのカラーを、早い方で3週間、遅くとも、2~3か月に1回は行うのです。

当然、そのダメージは徐々に蓄積され、髪のまとまり、ツヤ、ハリは失われていくのです。

 

ところが、最近になって、

「100%ダメージレスは無理だけど、限りなく0近く、髪の負担を最小限に抑えることは可能かも、、、、」

そんな風に感じています。

 

今回は、そんなカラー剤のあれこれを書いていこうと思います!

 

カラー剤の仕組み

 

まずは、カラーの仕組みを知っておきましょう!

 

といっても、それほどむつかしい話ではなく、ヘアカラーで行っていることは2つだけ

 

1、本来のメラニン色素を破壊し、髪色を明るくする事

2、ジアミンという人口色素を使用し、色味を入れる

 

つまり、「ブリーチ剤で髪を明るくし、そこに色を載せることで、希望の色にする」のです。

図にするとこんな感じ ⇩ わかりやすくはないかもしれませんけど(笑)

カラーしている髪の毛先がどんどん明るくなってしまうのは、この「入れた色」が落ちてくることも一つの要因なんです。

 

日本でヘアカラーが始まって随分と経ちますが、この2つだけはずっと変わっていません。

 

ただし、それぞれ製造販売しているメーカーによって、明るくする度合い、色味の濃さ、

添加剤などは、時代と共に、そして、メーカーのコンセプトと共に、それぞれ違いはあります。

 

余談ですが、最近美容業界で流行っている「外国人風カラー」や「透明感のあるカラー」などは

髪の負担という意味では、通常のカラーより、傷みやすくできています。

 

「外国人風」を実現するためには、日本人の髪の赤みを消さなければいけないため、

明るくブリーチしておいて、濃い色味を入れることでしか実現できませんからね。

 

明るくブリーチする = 髪のダメージは大きくなる  という事です。

 

なぜサロントリートメントはカラーの傷みに効かないのか?

 

このように、カラー剤のダメージの根本的な理由はブリーチによるアルカリが原因。

一般的なトリートメントは、この根本的な原因はそのまま改善せずに、

傷んでスカスカになってしまった髪に有効成分を入れるだけ、、、。

 

しかもその成分も定着、同化もしないので、1~2週間程度で元の状態に戻ってしまいます。

(かといって、何の効果もないわけではないですが、、、実際に数日間は手触りも良くなりますしね)

 

 

だから、「カラーで傷ませているけど、トリートメントをすれば安心!」

と思っているに方は、残念ですが、

 

トリートメントで髪が治っているわけでも、髪の負担を少なくしているわけでもなく

単純に、手触りをごまかしているだけ!

 

これが、美容業界のトリートメントの真実なんです。

ま、多くの美容師も知っている事なんですけれどね、、、。

 

 

さらに、カラー後1週間は、髪を濡らすとアルカリ性に傾いています。

これが、キューティクルの働きで、徐々に元の弱酸性に戻るのですが、

強いコーティングタイプのトリートメントをすると、キューティクルの働きを邪魔してしまい

アルカリが髪に中で暴れ、より傷んでしまう可能性すらあるのです。

 

 

ちなみに、一般的なカラー剤は、パーマに比べると、「アルカリ度」というものが高いものがほとんど。

その為、弱酸性に戻るために、1週間もかかってしまうのです。

 

カラーのダメージを最小限に抑えるためには、、

 

では、カラーのダメージはどうしようもないのか、、、というとそんなことはありません。

 

今、ジェンテで試している「365プラス」というカラーは

「まずは髪を傷めない!後はどこまで髪を修復することができるか、、」

というコンセプトで作られています。

 

細かな説明は省きますが、今まで色々と勉強してきた中でも、この365プラスのシステムはかなり理にかなっている、、、。

 

いろんな意味で効果が高いだけに、使いかたを間違えると、思ったような色や明るさにならない、、何て

ミスにもつながってしまうほどです。

 

「髪を傷ませないカラー」という事は、当然、続けるごとに、髪はどんどん良くなっていきます。

「もっと髪をキレイに美髪にしていきたい、、、」

そんな方にはぜひ一度試していただきたいカラーです。。

3回ほど続ければ、必ず違いが実感できますよ!

 

The following two tabs change content below.
atushi

atushi

へーメイクジェンテ 代表 特に得意な分野は、「髪をきれいにしたいけれど、何をやってもそれほど効果が出ない」という悩みをお持ちの方に、本当のヘアケアをお伝えする事で、コンプレックスになっている髪を、理想の美髪にするお手伝いをすること。

最新投稿一覧を見る

*メールアドレス

新着記事一覧を見る
お電話はこちらから