Home ヘアースタイル

ヘアースタイル

やっぱりカットが大事!

こんにちは。GENTE店長のWAKAです。

今回は、美容室の中で最もニーズの高いメニューの

「カット」

について語らせていただきます。

 

 

 

私自身ハサミを手にして20年は経ちました。美容師になりたての頃に比べて、いまはカットもすごく進化したと思います。

基本が大事

 

とはいうものの、カットを習った2010年前後(約20年前)の美容水準や技術水準は今と比べて非常に低く、本来日本は『髪結い文化』なので、当時は日本人の髪質に合う技術ではありませんでした。

 

多くの美容師さんもほとんどの人が、勘とかセンス・誰かから聞いた方法 で作っていたように思います。

 

いろんなスタイルを作り続けて、私自ら色んな切り方を研究してきたので、カットで大切にしている事を書きます。

型はしっかりと作る!

狙いどうりの髪型にならない・・・というお悩みは、まず、根本の型が合っていない場合が大きいのでは?

と思います。

ファッションの境界線ってとても曖昧ですが、

可愛い・綺麗・おしゃれ・クール・・・などなど、

色んなイメージワードが飛び交います。

カットの進化の過程で、たまたま出来ていたヘアスタイルも、今ではしっかりと計画的に作ることが出来るので、

 

まずはファッションや好みを踏まえて、ベーシックである型をしっかりと作ります。

 

 design & photo by waka

量感調節

次に、毛量の調節です。

人間の目は、知らないうちに仲間はずれを見つける習性があります。

髪の毛重いな〜

という思いはどなたでも感じたことがあると思いますが、大抵の場合は、どこかと比較して感じています。

生え際や顔まわりと比べると、首元や耳裏あたりは生えている本数が全然違います。

心地いい毛量差にすることで、見た目の重さを感じにくくなります。

体感での重さはしっかり梳いてあげるしかないですが、

量感は  平均化  ・  均一化

が見た目のキレイさへのポイントだと思います。

 

 

 

質感調節

今や質感もデザインの時代。私の場合は、頭を地球儀のように捉えて毛束を認識します。

つまり、座標に合わせて束感を演出するカットをしています。

 

習字の筆は、毛なのに文字が書ける弾力がある・・・ということは、

 

 

筆のようにカットすれば、パサつかず、まとまりのある弾力を持った毛束が作れるのでは?

 

と考え、今のカット技法にたどり着きました。(身につけるまで5年はかかりましたが…)

 

料理で例えると、調味料やスパイスのようなもの。

 

デザインに、持ち味をプラスしていく行程です。

 

私が制作する全てのサロンスタイルは、この毛束質感の重なりで型を崩さずに切り切っていますので、長持ちスタイルが再現可能になります。

 

 

 

 

似合わせデザイン

 

       ※同一モデル

 

CUT…. どう切るか… は

 

どう使うか? 

 

を考え、デザインすることが大事です。

 

日常にフィットする

使用感にフィットする。

骨格にフィットする

ファッションにフィットする

 

あらゆるビジュアルワークを経験してきていますので、きっとパーソナルなデザインを一緒に見つけ出せると思います。

 

ただ切るだけではない

ワンランク上の美容をご提供させていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最新投稿一覧を見る

*メールアドレス

新着記事一覧を見る